平泉2015年08月04日 10:06

平泉の中尊寺。
ここは、金堂で有名で、世界遺産にもなっています。果たしてどんなもんかと思いながら訪れました。
参道の入り口から15分ほど歩くと、金堂の入り口に着きます。外から見ると、何がすごいの?と思うような建物です。無知とは怖いもので、これが金堂の、覆堂と呼ばれる金堂を守るための建物です。
中に入ると、言葉に尽くせない金色のお堂と仏像があります。百聞は一見に如かずと言いますが、こればかりは実際に見てみないとその凄さがわからないと思います。
もともと建立された時は、屋外にあったそうです。その後、覆堂が建築されました。現在のは、昭和に建てられたもので、昔、建てられたものがそばにありました。
中尊寺の後は、高館義経堂を訪れました。義経がここで処刑されたという場所で、祀ってあるそうです。中尊寺と比べて、知名度が高くないようで、私たちの他に観光客は一組しかいませんでした。
素朴な山寺という佇まいですが、雰囲気はとってもあります。そばには、松尾芭蕉の夏草や兵どもの夢の跡の碑がありました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://gian1963.asablo.jp/blog/2015/08/03/7846155/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。