A Charlie Brown Christmas - Live!2015年12月19日 14:38

San Francisco SymphonyのA Charlie Brown Christmas - Live!を観に行きました。
イベント情報をfacebookの書き込みで見つけ、一週間前にチケットをゲットしました。座席は、H列で結構前です。会場は、Davis Symphony HallというSan Francisco SymphonyのHallです。娘は、二日前に、学校の課外授業で、お隣のSan Francisco BalletでNuts Crackerを見たばかりです。座席はイマイチでよく見えなかったと言っていましたが、今回はよく見えたようです。
開演1時間前に会場に入りました。ピアノの生演奏のお迎えの中、軽くランチ。サンドイッチを3人分とコーヒーで37ドル也はちょっと高いんですが、他に選択肢もなく買ってパクつきました。
コンサートが始まる前に、軽食やワインを飲みながら、会場の雰囲気を楽しむのは、日本ではあまり考えられません。来ている人が、皆、思い思いに待ち時間を楽しんでいる雰囲気が大好きです。
コンサートは2部構成です。前半は、シンフォニーの演奏と、特別ゲストのJodi Bensonの唄。彼女は、アリエルの声をやっており、Little Mermaidを披露してくれました。いつも、Disneyseaで、彼女のセリフや歌声を聴いていましたが、まさか、生で聴くことができるとは思いませんでした。
さらに驚いたことに、彼女は、Tony賞を受賞したBroadway MusicalのCrazy for youのポーリー役をやっていたとの紹介が。。。えっ、それって、22年前に自分がNYで観て感動したミュージカルでCDまで買ったやつじゃん。。。知らなかったとはいえ、そんな人の生の歌声が聴けて幸せでした。
後半は、Charlie Brownの語りと踊りと一緒の演奏で楽しみました。若い人が、Charlie Brownのキャラを演じていてダンスをしてくれますが、あまり詳しくないと誰が誰だかわかりません。スヌーピーは、白い洋服で鼻の頭が黒いのでわかります。Charlie BrownはTシャツでわかります。。。こっちの人はバッチリなんでしょうが、私はキャッチアップするのに大変でした。
正味1時間強とコンサートとしてはちょっと物足りない気もしましたが、ふらっと来てみた割には当たりでした。それにしても世界的にも有名な交響楽団をこうやって小さい時から、身近に接することができる環境は、とても素晴らしいなあと思います。