カリフォルニア免許停止2016年02月29日 08:20

2月11日にDMVからSR-1(事故レポート)を出すような催促状が来ましたが、27日土曜日に、DMVからOrder of suspension(免許停止命令書)なるものが妻あてに届きました。
カリフォルニアでは、損害金額が750ドル以上の事故か人身事故の場合は、SR-1を提出しなければいけないというルールがあります。それに従わない場合には、免許を停止する措置が取られるのです。
その場合、加害者、被害者ともにSR-1を提出する必要があります。実際にバンパーを交換した費用は500ドルもいっていないので、SR-1を出す必要はありません。自分たちもそのように判断して提出しませんでした。しかし、提出するように求められましたので、2月11日に必要事項を記載して、投函をしました。しかし、やるべきことをやっているのに、今回の免許停止命令書の送付。ちょっと気分が落ち込みます。お役所仕事なので、命令書に書かれている電話番号に連絡すればOKなのですが、自分の語学力での電話の会話は苦痛です。
こちらに非がないと分かっていても、自分の担当の仕事はきっちりする国ですので、このまま放置すると本当に免許停止になってしまいます。ということで、DMVの指定された場所に電話をしました。
結局、状況を説明すると、妻の免許番号などから情報を確認してくれました。その際に、我々の車の修理代は750ドル以下かもしれないが、相手の車の修理代は750ドル以上かかるので、SR-1の提出が必要だとの説明でした。ハァ~ッ?100%先方の過失の追突事故で、しかも、向こうの修理代の情報を知らされていない状況で、SR-1を書くか書かないかはどうやって判断するんだ?と思いっきり思いました。しかも、妻の説明では、相手の車はおんぼろで、損害はなさそうだったとのことで、修理はするようなことはないという話。
結局、私たちの車の修理代が、ほぼ免責額の500ドルに近かったので、数十ドル上乗せして、今回の事故に便乗してフロントバンパーを治しちゃったようです。通常の乗用車のバンパーの場合、一体型のバンパーのため、パーツ取り寄せ、ボディカラー塗装などを併せると1000ドル以上かかるようです。
まあ、なんというか、事故の当事者双方がSR-1をあげなければいけないルールがあるのでしょうがないんですが、であれば、保険会社は、こちらが負担をしないとしても、最終的にいくら修理にかかったのかを報告する義務があるように思えます。
もしくは、相手がある事故の場合は、かならず、SR-1を書いて報告するようにするとか。。。いずれにせよ、理不尽なルールです。
DMVのオペレータと話をしていて、SR-1を出すのは分かったが、私はすでに2月11日に投函しているよと主張しました。しかし、彼女は、DMVは受け取っていないの一点張り。どうすればいいの?と聞いたら、保険会社の名前とPolicy Numberを教えてくれればいいとのことでした。結局、言われるがままに対応し、すべて終わりと彼女にいわれました。念のために、3回くらい、言い方を変えて、これでsuspensionはされないんだよねと確認をし、そうだと答えられました。

でも、やっぱり不安ですよね。というので、東京海上の担当のDamonさんにメールで、今までの経緯を説明しました。で、その回答が、
Do not worry, sir. Remember, you are dealing with an extremely slow-moving bureaucracy; if you mailed your SR-1 on February 10th, it hasn't left the DMV's mail room as of yet. If the operator states that suspension is no longer an issue, than you need do nothing further.

でした。まあそんなもんなんでしょう。本当に、実際の定型業務からはずれる作業にあたると大変な状況に陥ります。

コメント

_ 花村紅緒 ― 2017年02月27日 07:59

このブログは大変参考になりましたありがとうございました。こういうブログを読むたびに自分も自分の痛い経験を誰かのために載せようと思うのですが、なかなか思い越しが上がらず。

_ ジャイアン ― 2017年03月04日 15:07

どういたしまして。
違反をした時とか、なかなか会社の同僚にも聞けず、必死にブログとか探して講習を受けたりしました。
事故登録に関しては、自分たちは750ドル以下なので問題ないと何もアクションしませんでした。向こうが100%悪いので、向こうが保険をいくら使ったのかなどもわからなったので知る由も無いんですが。。。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://gian1963.asablo.jp/blog/2016/02/29/8034952/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。