シリコンバレーに駐在が決まった。どこに住む?2016年06月21日 12:01

駐在にとって、まず最初にやることは住居探しです。会社によって色々ルールが違うみたいですが、うちの場合は、まずはCrest Viewというホテルに宿泊して、2週間以内に住居を探して、引っ越すというガイドがあります。
シリコンバレーは、貸し手市場です。家賃の高騰はひどく、会社のガイドラインは後追いで変わりますが、正直なところ追いついていません。うちは赴任する家族構成で家賃上限が決まっています。正直なところ、持ち出しなしで、満足する場所を見つけるのは難しかもしれない。
住居を決めるポイント
・アパート、コンドミニアム、一戸建て
-アパート
日本で言うと賃貸マンションになります。貸し手市場とはいえ、商品価値を上げるために、リノベーションをやっているところが多く、築浅物件に見えることろが多い。しかし、大概は、30年、40年の物件が多いそうです。実際に入居してみると、細かいところにボロが見えたりするそうです。アパートの場合は、リーシングオフィスがあり、共有スペースにプール、ジムやBBQ、パーティができるような場所があったりします。古い物件になるとテニスコートなんかもあります。建築中の建物を見ると分かりますが、こちらは3階建、4階建の建物でも2X4の木造住宅がほとんどです。したがって、階上の人の騒音が気になることが多く、神経質な人は最上階の物件を探すことを勧めます。逆に、お子さんが小さくて、動く回るのが気になる方は、1階に入るなどを考えたほうがいいかもしれません。騒音のトラブルは、色々聞きます。そもそも、洗濯機をまわしていいのが10am−10pmまでとかそういうルールがあるようです。ピアノとかの音でトラブルになって、結局、そこには住めなくなったという方の話も聞きます。
-コンドミニアム
分譲マンションで、オーナーが貸している物件になります。一戸建てもそうなんですが、オーナーは色々な方がおります。投資目的で貸している方、ライフスタイルが変わって売らずに別の場所に引っ越して貸している方などなど様々です。自分は、コンドミニアムの物件を借りています。オーナーは、親が住んでいた物件で、思い出もあるので売らずにキープしたいということで貸し出しをしています。周りには、投資目的で購入している方も多く、それらの物件に比べて、3割ほど安い家賃で貸してもらっています。鉄筋だとのことですが、上の階の方の足音は気になります。案外、深夜まで動いているので、2回程、管理人に文句を言いましたが、改善されませんでした。分譲マンションの場合、メンテナンスや点検の際に、立ち会わなければいけないという問題が発生します。一度、家族で日本に帰国する際に、点検をするという話で、どうしてもということで、最終的にはオーナーが立ち会ってくれましたが、そこらへんはコンドミニアムの欠点でしょうか。また、リーシングオフィスが当然ありません。何かトラブルがあった場合には、オーナーに状況を報告して、修理屋を呼んで修理費を支払ってもらうなどの対応が必要になります。オーナーによってはそれを良しとしない方もおられるようなので、コンドミニアムの場合は、オーナーによってあたりハズレがあると思います。
-一戸建て
やはりアメリカで庭付きの一戸建てに住むのは魅力があります。一戸建てを借りておられる方のお宅を何件かおじゃましたことがありますが、かなり当たり外れがあると思います。メリットは、広々とした家を周辺の気兼ねをなく使うことができます。洗濯機を回すのだって時間を気にすることはありません。しかしデメリットは、まず外気の影響を受けやすい。冬はそれなりに寒いようですし、夏も暑い。アパートの場合は、年間でエアコンのスイッチを入れる機会が数少ないのですが、一戸建ての場合は、そうもいかないようです。また、気になるのは、虫です。ここら辺のアパートは、蝿が気になりますが、それ以外の虫に悩まされることはありません。一戸建ての場合、アリ、蛾に悩まされるようです。ゴキブリもいるようですが、出たという話は聞いたことがないです。うちのコンドミニアムのゴミ捨てはダストシュート方式ですが、袋に入れないで食べ物を捨てる人がいるためにゴキブリが出たという注意が回ってきましたが、部屋に出るのは蝿くらいです。

・バスルーム
アメリカの場合、バスルームは、バスタブ、シャワー、トイレ、洗面所が一つの部屋になっています。アパートやコンドミニアムを借りる際に、2ベッドルームはいいけど、バスルームは1つでいいということを言われる方がおられます。しかし、この認識は正しくはないと思います。1つしかないと、誰かがシャワーを浴びている時には、トイレを使うことができません。トイレを使っている時に、洗顔や歯ブラシもできない。。。みたいなことが起きます。1.5バスルームというのがあって、バスルームに加えてトイレが1つ別にある物件があります。これであれば、問題はないんでしょうが。。。日本の感覚で1バスルームでいいという判断をするとひどい目にあうと思います。

・車
こちらでは、車の移動が基本になります。会社に通う自分たちは、どこに住もうが大概は、280や101といったHighWayを使って通勤をせざるを得ません。家族はどうか。やはり慣れない土地で、左ハンドルということで、運転に対して消極的になる方が多いようです。知り合いの奥さんやうちの妻もそうで、日常、運転はするけど、HighWayは乗らないという感じです。ですので、住む場所についても、自分の住む場所の周りに何があるのかということをケアする必要があります。よく行くスーパーはどこにあるのか?子供の送り迎えをする学校はどこにあるのか?などなどです。案外、自分たちは、会社の往復に運転するだけなんですが、家族はそうもいきません。また、何かあった時に、会社から駆けつける時に、あまり遠くはない方がいいのかなとおもいます。

・渋滞
通勤の渋滞は深刻です。年々、渋滞がひどくなると聞きます。また、多種多様な国の人が運転をしているためか、事故が多く発生しているような気がします。通勤の車の運転はかなりのストレスです。9月は大学が新学期が始まり、そこからサンクスギビングまでの間は、渋滞がピークになります。Day Light Savingが終わり、もう17時前から暗くなり、雨季で雨も降ったりすると、帰宅時の運転は嫌になります。私は、Cupretinoに住んでいます。空いていれば、会社から自宅まで12分少々。通常の渋滞で20分〜25分。サンクスギビングの前になると40分〜60分になります。帰る時間を19時すぎとか遅くなれば、渋滞は解消されますが、それよりも前の時間の帰宅となると渋滞は覚悟しなければいけません。また、事故が起こると、大渋滞になるとか道路が封鎖されます。その場合は、別の道を迂回するような対応が必要になります。

・どこに住むのか
正直なところ、会社のそばに物件を見つけることができればそれに越したことはありません。しかし、住宅事情を考えるとそのようにうまくはいきません。Palo AltoからSan Jose方面に離れれば離れるほど、安い物件が見つかると思います。それはすなわち、通勤に時間がかかるということです。ライフスタイルにもよりますが、自宅でのステイを重視する場合は、多少遠くても住環境を重視することも必要だと思います。しかし、案外、会社にいる時間が長く家は寝るだけとか、休みの日も出かけることが重視ということであれば、利便性などを重視することもあるのかも知れません。
何の制約もなければ、Palo Alto、Menlo Park、Los Altosあたりに住むのに越したことはないと思います。そうもいかないので、もう少し離れたところになります。
-治安
治安については、シリコンバレーは比較的安全な場所と言われています。ですが、車上荒らしや泥棒の被害はそれなりにあります。East Palo Alto、Oakland、San Joseダウンタウンは危ないところと言われていますし、安全と言われている場所でもそれなりに犯罪が発生しています。高級Mallのスタンフォードショッピングセンターでも車上荒らしがあると聞きます。San JoseにあるValley Fairの駐車場がしょっちゅう車上荒らしがあると聞いています。Cupertinoも同様で、泥棒が入っている時に帰宅した方がいたという話も最近聞きました。(家に帰って、鍵を開けて入ろうとしたら、ドアの前に、椅子などが置いてあってすぐに入ることができなくなっていたそうです。で、泥棒と認識して、そのまま入るのは危険なので、911に連絡して、リーシングオフィスに通報している間に逃げられたそうです。)発砲事件だって、ニュースを見ているとそれなりにあります。だからと言って、必要以上に心配する必要もなく、日本とは違うという認識と極力被害に遭わないような対策が必要だということです。その中で住む場所というのは、非常に重要なファクターになると思います。
-地域
基本は、Cupertino周辺がいいかなと思います。Cupertinoは280号線沿いにあり、Palo Altoからの通勤路を考えると、Cupertinoまでに渋滞の一山があり、そこからSan Joseにかけてもう一山あるので、280のDe Anza Blvdが出口あたりの住居がbetterだと思います。ここのメリットは、仮に280の渋滞がひどい場合には、Foot Hillを使って通うことができます。実際に、WazeなどのNaviで経路検索をすると、渋滞度によっては、280ではなくてFoot Hillを使うルートを示すことがあります。これが、De Anzaの次のWolfeより先までになると、Foot Hillへの回避のルートを示さないことがままあります。単身や夫婦、もしくは学校に行く前のお子さんと一緒の場合は、良い物件を見つけることができれば、Mountain Viewも選択肢に挙げられると思います。El Caminoぞいにありますが、会社からも近く、何をおいてもMountain Viewのダウンタウンはとても飲食店も多く住むには魅力的です。問題は家賃です。家賃が予算内で見つけることができる、お子さんが学校に行く年齢でなければMountain Viewもいいと思います。同様にSunnyvaleもいい場所だと思います。ただ、Sunnyvaleの場合、上記二つの街よりもちょっと遠いというデメリットもあります。
Cupertinoは、Apple。Mountain ViewはGoogleがあるために、家賃はどんどん高騰しています。ここで見つけることができなければ、もうちょっと遠いところで探すしかないでしょう。Santa Clara、San Joseあたりがそれにあたります。家賃も下がってきます。さらに先になるとCampbel、Milpitas、Saratoga、Los Gatosなんかがありますが、実際に住んでいる人は、時差出勤して渋滞を避けるなどの対応をしています。
Milpitasは最近、住宅開発が活発で、綺麗な物件が多くあるようです。ただし、サンフランシスコベイがそばにあり、匂いが気になる人は住むに耐えないと聞きます。シリコンバレーは気候も良く、やはり窓を開けて過ごしたり、バルコニーや外でのんびりというパターンもありますので匂いは気になるのではないでしょうか。
また、Palo Altoから北側の、San MateoやFoster Cityも人気のエリアです。San MateoはCupertinoと同様に日本人も多く住んでおりますが、やはり家賃が高いという問題と、Palo Altoからの通勤時間は結構かかるという問題もあります。
住む場所については、空室率が非常に少なく、本当にタイミングで縁だと思います。実際に、探す段になったら、不動産屋や会社の経験者にアドバイスを聞きながら探すしかないと思います。やはり一度、決めたら、滞在期間中に引越しをすることはないと思います。通常は、引越し費用に関しては、自己都合になると思いますので、自己負担になります。数年の滞在とはいえ、快適な生活を送るためには、良い物件にめぐり合うことが重要です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://gian1963.asablo.jp/blog/2016/06/21/8116785/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。