Planet Hollywood@Las Vegas2016年11月24日 20:57

デス・バレーからラスベガスまで約2時間。今日の宿泊予定のプラネット・ハリウッドに着きました。
チェックインの際に、スイートにアップグレードしてくれるということで、喜んでいました。もう、ドアが二つあって、意味もなく部屋がたくさんありました。冒頭の写真は、寝室です。この寝室にしても、なんというかもう通常のホテルの部屋よりも大きくなっています。

ここの部屋のテーマはスティーブ・マックイーン。出演した映画の衣装が飾ってあります。寝室は、パピヨンの囚人服が飾ってありました。
テーブルは、手錠が入っていました。
リビングも広く、まあさすがスイートという感じです。と喜んでいたんですが、ここからが悲劇。まず、レストランで、ちょっとトラブルが。ブッフェのレストランに行ったのですが、ワインは別に清算して頼みました。キャッシャーで頼んで、テーブルでお願いをすると向こうにワインをサーブするところがあるからそこで頼んでくれと言われました。で、そこに行くと、おじさんがいて、ここでワインをとってこいと言われたと言って、冷蔵庫を開けていると、他のウエイトレスがきて、お前は何を勝手なことをやっているんだテーブルで頼めと言われました。いや、テーブルで頼んだらここに来いと言われたというと、そんなことはないという話で、喧嘩になりました。結局、その方がテーブルまで来て、そばにいる他のウエイターにあなたが言ったのという話になったんですが、私が違うという話をしていて、結局、お前が間違っているというような話になって来たんですが、隣のテーブルにいたおじさんが、その子じゃないとと言ってくれました。ウエイトレスはセキュリティを呼ぶとかいいだしていたんですが、結局、その隣にいたおじさんの一言で救われた感です。
でまあ、ちょっと不愉快なディナーの後に、部屋に戻って来て、楽しもうと思ったんですが、今度は、お湯が出ない。。。ぬるーい感じの水が出ましたが、シャワーのパワーも弱く最悪でした。もう、Dinnerでも疲れていたし、クレームを言う気力もなく、家族全員、我慢してシャワーを浴びて、就寝。アメリカに来て、最悪の夜でした。。。。
カジノにあったスタートレックの衣装の前で、パチリ!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://gian1963.asablo.jp/blog/2016/12/12/8274150/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。