Happy Independence Day! It's Cool!2017年07月04日 08:17

さて、ザイオンを後にして、今度はアーチーズ国立公園に移動。350マイル、5時間のドライブになります。
ロッジを後にして、念のために、ザイオンのVisitor CenterによってiPhoneの落し物がないかと聞きに行きました。レンジャーのおじさんが、ちょっと待ってろと行って、落し物リストを持って来ました。そこに、iPhone Black with caseが昨日、落し物として届いているという記載がありました。
ちょっと、にわかに信じられないんですが、おじさんによれば、これは、ちょっと戻ったところのMuseumにあるLost & Foundにあるから、そこで確認をしなさいとのことでした。
まだ自分のものかは分かりませんが、早速、車でLost & Foundに移動して、確認をしました。係のお姉さんに、iPhoneを昨日落としたけど、ここにあるって聞いたんだけどと話すと、どこでそれを知ったのかと聞かれました。Visitor Centerで聞いた話をすると、Cool!今から取りに行ってくるから待っていろと言われました。何がCoolなんだと思いながらも、いよいよ、iPhoneとの対面です。まあ、同じ日に、iPhoneの黒を複数落としている訳ではないと思うので、自分のだとは思いながらも、ドキドキしながら待っていました。
おねえさんが、私のiPhoneを持って来てくれた時には、もう狂喜乱舞です。これお前の?と聞かれ、Yesと答えると、またしてもCoolと言われました。実際に、落としたので、壊れていないか心配でしたが、バンパーの複数個所が削れて傷だらけになっていましたが、iPhone本体は無傷!さすが、日本製のDeffバンパー。デザインだけでなくちゃんと本来の目的も果たしています。会社のIT担当がしっかり仕事をしてくれたおかげで、iPhone自体は完全に初期化されていました。で、Find iPhoneの紛失モードでしたので、正常モードに戻さないと、初期化されていてもiPhoneを使うことはできません。まずは、正常モードに戻しましたが、あとは、データをバックアップしなければいけません。6月30日のデータがバックアップされていたので、それを使えばいいのですが、Wifi接続が必須のため、今日の夜、ホテルでやることにしました。
いやー、アメリカでもこういうことはあるんですね。さすが、国立公園です。
Happy Independence Day!

憧れのアーチーズ!2017年07月04日 15:58

お昼過ぎにアーチーズに到着しました。
インディアナ・ジョーンズのロケ地でも知られています。ファイリーファーナスのレンジャーツアーに参加するとその気分が味わえるということでしたが、ちょうど工事中でファイリーファーナスには入ることができませんでした。それにしてもなんで独立記念日に工事なんかやるんだと思いましたが。。。
まず、Visitor Centerにて情報収集。今日の午後と明日の午前中を使ってアーチーズを楽しみたいので、オススメのコースを教えてと尋ねると、まずはウィンドーズセクションを楽しめばいいよと言われました。あとは時間があれば、デリケートアーチをオススメとのことでしたが、今回の目的はデリケートアーチを見にいくことなのになんでそれがオプションなんだと思ってしまいました。
今日は独立記念日で駐車場とか大変じゃないかと思って聞いたのですが、駐車場自体はそんな満車になることはないと説明を受けました。ブログなんかでは早めに行かないと満車になるという書き込みが多かったのですが、実際、ビジターセンターのお兄さんの説明や、直接行ってみるとそれなりに空きはありました。
で、途中にあるいくつかのVista Pointを何箇所か堪能しながら、デリケートアーチに向かいました。デリケートアーチは、アメリカでも有名なランドスケープだと思います。Utahの国立公園シリーズの25セントのデザインだったりします。
さて、駐車場に降りて歩き始めました。トレイルの入り口には、一人2リットル以上持っていくことを推奨されています。我が家は三人で2リットルくらいしか持っていませんでした。片道40分のトレイルなのでまあそんなもんで大丈夫だろうという読みでした。実際、歩き始めると、気温は40度超で日陰もない緩やかな上り坂を歩きます。
正直、道自体は大したことはありませんが、乾燥しているとはいえ40度超の炎天下を歩くには結構辛い。しかも、目的地であるデリケートアーチはどこにあるのかもわかりません。途中、岩が切り立ったところが日陰になっているのでそこで休憩をしましたが、まあこの時期のトレッキングは覚悟がいりますね。で、デリケートアーチの手前までデリケートアーチをみることはできません。最後のコーナーを曲がったところで、パッと目的地であるデリケートアーチを見ることができます。その直前になると、前方で「おおっ」という歓声が聞こえるので、ああ、あそこがゴールなんだなと分かります。
炎天下の中、歩かされるということもありますが、デリケートアーチを目にした時の感動は、私の拙文では表すことができないほどです。アーチーズのアーチはほとんど周りに岩とか色々なものがある中にありますが、このデリケートアーチに関しては、周りに何もない中にポツンと存在しています。名前の通り、そのうち、崩れてなくなるんじゃないかというような感じです。
デリケートアーチは、見応えがありました。ただ、その後に、来た道を戻る必要があります。下り坂とはいえ、目的を達成した後のトレッキングもまあ辛いですね。
駐車場について一息つき、次のポイントに移動しました。次のポイントは、今見たデリケートアーチを遠目に見ることのポイント。反対側から見ることができますが、まあ、行かなくてもいいと思うようなポイントです。また、ここはデリケートアーチに行く前に行かないほうがいいかなと思います。初めてデリケートアーチを見た感動は、ここを先に見ると半減しそうな気がします。
デリケートアーチを後にして、ウインドーズセクションへ。まずは、タレットアーチへ。なんとなくOKサインを出しているようなアーチです。
でその反対側には、ダブルウインドーズ。ここは、ノースとサウスの二つのウインドーが有名です。アーチーズとウインドーズの違いは、壁に穴が空いているのがウインドー。橋みたいになっているのがアーチのようです。
駐車場を隔てて反対側に、ダブルアーチがあります。レイダース失われたアークで撮影されたことでも有名な場所です。
最後は、バランスロックで写真撮影。見る角度によってはこれ折れないのというような感じの岩です。
アーチーズを堪能して、モアブにあるホテルに移動しました。
もう大満足でした!

Pasta Jay's@Moab2017年07月04日 19:40

今日は、独立記念日。モアブは田舎町なんですが、夕食は待たずに入れるのかと思いましたが、ホテルの方に進めてもらったイタリアンに入ることができました。
と言っても、屋内でなくOpenカフェの席です。もう陽が落ちて来ているとはいえ、まだ35度前後。いやービールが進むこと進むこと。
イタリアンを堪能しました。