夕食は、マック。2017年07月02日 21:53

ひた走りに走って、ザイオンに向かっていますが、夕食を取れる時間には着かないと思いましたので、途中の小さな町でガソリン補給と夕食。ちょうど、スタンドに併設しているマクドナルドがあったので、そこで夕食としました。
もう、22時前なので閉店の準備でモップで掃除なんかを初めていましたが、OKでした。
アメリカに来て3年以上経ちますが、マクドナルドは今日が3回目です。いやーマクドナルドは、どこで食べても同じ味ですね。ハンバーガーなんですが、やっぱりマクドナルドはマクドナルドという種類の食べ物だと思います。
さあ、あとちょっとです。

Zion Lodge@Zion National Park2017年07月02日 22:39

LAから450マイル。7時間半のドライブでZion National Parkに到着しました。
Zionは、トップシーズンは自家用車の乗り入れは禁止です。公園内は、シャトルバスが走っていて公園のゲートを入ってすぐの駐車場に停めてシャトルバスを使います。ですが、公園内にあるZion Lodgeの宿泊者は、Lodgeまで車で乗り入れることが可能です。
Zion Lodgeを予約すると、宿泊する前に、自宅に郵送で、赤いエントリーパスが送られて来ます。ロッジでチェックインすると、このパスにチェックイン、チェックアウトの日にちをホテルの人に書き込んでもらって、車のミラーの所にかけて置けば、駐車場に止めることができます。
国立公園の年パスを使って公園ゲートを通過と思いましたが、もう夜遅いので、ゲートは無人です。昨年のBryce Canyonもそうでしたが、夜遅くに公園内に入る場合は、パスがなくても入ることができてしまいます。ゲートの人件費を考えたら少人数の通過を許容した方がコストメリットがあることだということです。日本だったら、夜はゲートを閉めてしまうと思うのですが、ここら辺は、アメリカは合理的にできています。
Zion Lodgeは、コテージを予約しましたが、こじんまりとしていい感じです。

zz2017年07月03日 03:54

Zionの朝!2017年07月03日 08:24

ザイオンの朝。
とっても気持ちがいいです。でも、思ったよりも寒い。日中は35度超になる予報だったので半袖しか持って来ませんでした。
で、急遽、ロッジのお店でジャケットを購入しました。これで万全!さ、トレイルに行くぞ!

The Narrows@Zion National Park2017年07月03日 11:10

今回、ザイオンに来た目的は、ナローズというトレイルに行くことです。
昨年のサンクスギビングの時にザイオンに来た際には、まだ水温も冷たくナローズをトレイルするのを断念しました。今回は、ナローズをトレイルするように靴もしっかり用意して臨みました。
ナローズのトレイルに行くためには、シャトルバスの終点であるTemple of Shinawabaから1マイルほど舗装されたトレイルを移動します。Temple of Shinawabaには、ナローズのトレイルの川の水量の表示が出ています。上流で雨が降ると、水量が上がり、時には鉄砲水になるそうです。逃げ場がありませんので、もしそうなった場合には、どうしようもなくなるわけです。毎年、何名かは命を落としているそうですが、アメリカは自己責任の国ですので、だからと言ってトレイルが閉鎖されることはありません。この表示がOKでも山の天気は変わりやすいので必ずしも安心ではありません。一応、週間予報などを見つつ、トレイルに入ることにしました。
トレイルに入って、早速、鹿に迎えられました。気分は自ずと盛り上がって来ます。1マイルほど歩いて、ようやくナローズの入り口に着きました。入り口と言っても目の前は川です。要はここから川の中に入っていき、川を登って行くのです。水に入ってすぐは、とても冷たく、こんなんで川を歩き続けられるのかと不安になりましたが、しばらく歩くと慣れて来ました。
トレイル自体は、川の中を歩くのと、河原を歩くのが半々ぐらいでしょうか?両方、切り立った壁ですので、河原がないところが多いのでこうなります。
場所によっては、足が全て水の中につかるようなところもあります。一番水量が少ない時で、この状態ですので、水量が増えたらどうなるんだろうなあと思ってしまいます。
トレイルはどこまでも続き、どこで引き返すかは人それぞれだそうです。私たちも1時間ほど歩きましたが、適当に引き返そうとは思っていましたが、まあ、お昼くらいまで歩いて、そこでランチを撮って帰ろうかという話になりました。



が、しかし、そこで事件が起こりました。
つづく!