ena国際部 あざみ野校2018年02月17日 17:19

受験も終わりましたので、ena国際部 あざみ野校に訪問して、ご挨拶に行きました。
2016年2月の新学期から2017年9月まではena国際部 San Jose校にお世話になって、帰国後、2017年10月からあざみ野校で受験に臨みました。
アメリカにいる際に、どこの塾に行くという話になるのですが、enaについては賛否両論でした。うちの場合、最初の1年は数国のみで、中三になってから英国数の三科目にしました。お世話になったおかげで、国語はかなり伸びました。数学は伸び悩みましたが、帰国後、伸びてきて、最後は合格するレベルに行くことができました。
伸び悩んでいる時期に、enaじゃない方がいいのではと考えましたが、2年間を振り返ってみると、塾を変えないで正解でした。特に最後の数ヶ月は貴重な時間でした。
帰国生は、通常の受験生とは全く異なります。だいたい300点満点中、200点を取ればいいという様な目安があります。基本的に帰国子女は英語がほぼ満点と思われがちで、じゃあ、数国で100点、つまり50点ずつで受かるというような印象を持たれます。ですが、帰国子女向けの英語ですが、難関校と言われるところは、7、8割りがいいところです。英検1級とか、TOEICやTOEFLも大学生よりもレベルが高く9割り以上の出来栄えなのですが、全然、点数が取れない。(それってどうなの?と真剣に思います。ボキャブラリーとかイディオム、それから文法など、案外、帰国子女は英語が普通にできても点数は取れないんです。)そうなると、やっぱり数国ができないと入学はできません。受験のためには、それなりのトレーニングが必要で、英語も日本の受験に併せないとダメです。
去年の夏期講習で、受験問題を解いてみると、非常に惨憺たる結果でした。そんなんで半年後にゴールにたどり着けると考えると難しいかなと真剣に思っていました。
実際に、日本に戻ってきてenaで面談した時にも、望みがなければICUや早稲田本庄に推薦で入ると相談したくらいです。enaの先生たちが、娘を信じて指導してくださったおかげだと思います。
ありがとうございました。

SFCの英語2018年02月17日 17:49

SFCの英語ですが、enaの先生にお伺いしましたが、今年の試験はかなり難敵だったそうです。
娘も、5、6割りかなと言っていましたが、帰国子女にとって、かなりのチャレンジだったようです。長文問題はちんぷんかんぷんで、長い間、アメリカにいた生徒さんは大丈夫だったようですが、うちのように短い期間の帰国生はみんなダメだったということです。前から難しいということ何ですが、今年は、過去の傾向とは違う感じになっていたりとか、面食らった人が多かったと思います。
結局、娘も難しかったけど、みんな難しかったということです。

grilled Aging Beef2018年02月17日 20:02

今日は、合格祝いということで、エイジングビーフのお店に家族で行きました。横浜駅前にあるgrilled Aging Beefに。前の日に予約を入れましたが19時半しか取れませんでした。とりあえず、18時にお店に行って、フリーの席が空いていたのでそのまま入っていただくことにしました。以前、来たことがあって美味しかったのですが、果たしてLA Steakより美味しいんでしょうか?
サラダからはじめました。シーザーサラダ。。。ロメインレタスじゃないのが悲しい。
牛すじのグラタンは絶品ですね。肉がとろけているのと、チーズがトロトロです。
メインは、サーロイン、ショートリブ、ランプ。3人で600g頼みましたが、ちょっと頼みすぎでした。もうちょっと少なくてもいいです。さらに、年のせいかショートリブよりもランプの方が美味しいと感じるようになっちゃいます。サーロインが一番、バランスがあっていいですね。肉はエイジングなので、そのままでも味があります。
デザートはアップル。
そういえば、娘にトイレの看板は文法エラーがある。これは日本人が書いたに違いないと指摘されました。don't make mistakeだそうです。