娘の入学式〜SFC2018年04月06日 15:03

娘の高校の入学式。会社で午後半休をとって参加しました。午後は社長が来てデモだったんですが、ぶっちしちゃいました。
入学式の最中に社長秘書から電話があってびびりましたが、別な人に電話してもでなかったので電話したということでことなきを得ました。
入学式は、中学との合同です。学校の入り口で、入学式式場の看板が3つありました。みなさん、記念撮影をするので、長蛇の列ができるから3つ用意しているようです。奥のがすいていましたのでそこで撮りましたが、なんか、バックは他のところのほうが良かったのかなと思います。
入学式は滞りなく終了しました。そのあと、学生は記念撮影で親は休憩でした。最後は、新入生歓迎イベントでしたが、何をやるのかと思えば、校歌と応援歌(若き血)の練習でした。若き血は、学生は肩を組んで歌いましょうみたいな感じで盛り上がって終了でしたが、4年生(高一)は、しっかり肩を組んで盛り上がっていた一方で、1年生はそんな感じでもなかったです。

コメント

_ まきこ ― 2018年04月15日 15:52

Aちゃん、高校御入学おめでとうございます。難関校に合格されて、これからの3年間でまたぐーんと成長されると思います。アメリカとは違う、日本ならではの高校生活の良さを満喫してくださいね。我が家の娘はELDを抜けることになりました。それぞれの地でがんばって、またどこかで会えたらいいなと思います☺️

_ ジャイアン ― 2018年04月17日 07:54

まきこさん
ありがとうございます。SFCは、自主性を重んじている学校で、アメリカの高校に近い雰囲気があるようです。週6の英語の授業は全てネイティブの先生で、エンジョイしているようです。

_ 受験生ママ ― 2019年01月22日 19:42

高校の帰国生受験&一般受験が目前の娘の母です。
SFCやICUの帰国受験について調べていたら、こちらブログに辿り着きました。飾らず、否定的な言葉が見当たらない、あたたかいお人柄か感じられるブログですね。

お嬢さま、素晴らしい受験結果ですね!また、知的な頑張り屋さんの雰囲気を持つステキなお子様で羨ましいです。

ひとつ伺いたいのですが、内部生とすんなり馴染めましたか?我が子はお嬢さまほど英語も出来ず(欧米帰国ではないです)、美人でもないので、(性格は前向きで積極的ですが)人間関係が心配です。もちろん、合格して入学が許されればの話なんですが、、

_ ジャイアン ― 2019年01月23日 21:49

4年生(高校1年生)からは帰国生、全国枠で入学するのですが、内部生とうまく馴染めないという話はないと思います。基本的に毎年クラス替えをしていますし、クラブ活動もあるので、性格が前向きで積極的であれば大丈夫だと思います。
授業もグループワークみたいなものもあるので、同級生と一緒に課題をやるとか、毎学年、修学旅行もあったりと、人間関係はそれなりにできるのではないでしょうか?
自分の高校時代では想像もできないくらい勉強が大変で、クラブもありますから、イジメみたいな話も聞きません。

受験までもう一ヶ月もありませんね。志望校に合格されることをお祈りしています。SFCに入学されることが決まれば、どこかでお会いする機会もあるかもしれませんね。

_ 帰国 ― 2019年11月11日 10:54

慶應藤沢高校について調べていましたらブログにたどり着きました。色々と参考になります。
今年度、帰国枠にて慶應湘南藤沢高校の受験を予定しています。 海外からの直接受験なので合否が分かり次第、
一度滞在国に戻る予定です。
これから往復の航空券を購入するにあたりご質問があります。

2月13日の合格発表後直ぐに指定のお店にて制服オーダーは可能なのでしょうか。
それとも、3月の説明会後にしか購入できないのでしょうか。
合否が分からない中、航空券を購入せねばならず判断しかねています。

又、娘さんはTOFELスコアを提出した様ですが、
スコアレポートは点数の記載された部分より下は切り取って貼付されたのでしょうか。それとも、切り取らずに貼付し、折り込んだのしょうか。
活動報告書貼付欄の限られたスペースに英検、TOEFL,TOEIC
のスコアレポートをどの様に配置して貼付したのかを教えて頂けたら助かります。

娘さんの後輩になれます様、受験まであと少しサポートを
頑張っていきたいと思います。

_ ジャイアン ― 2019年11月12日 15:54

一年半前のことであまり覚えていません。当時は制服は伊勢丹相模大野店で注文をしており、そこで注文をしたと思います。伊勢丹相模大野店は閉店したので、今はどこで取り扱っているのかを良くわかっていません。

活動報告貼付欄ですが枠内に収めること。重なってはいけないということでした。ご指摘の通り、点数部分を切りだして貼ったと思います。文化祭の時に開催された学校説明会の時に、直接先生に確認をしました。念のために学校に問い合わせをされた方がいいと思います。

合格を祈念しております。

_ まろん ― 2021年01月27日 16:21

入学前にプレースメントテストがあるそうですが、リスニングも含まれる英検のようなものですか?対策はどのようにしたらいいのでしょう?また、α、βクラスはそれぞれ英検どのくらいのレベルですか?今英検準1級勉強中のレベルなのですが、授業についていけるでしょうか?お時間があるときに教えて頂けるとうれしいです。

_ ジャイアン ― 2021年01月28日 10:16

まろんさん
娘に聞いてみました。早いものでもう3年前の情報ですが、まず、プレースメントテストの前にアンケートでαかβのどちらを希望するかを聞かれます。
テストはリスニングとリーディングで英検2級レベルくらいではないかとのことでした。そんなに難しくはなかったそうです。
βで英検準1級受かってる人は少数派で、プレースメントテストでβに入ったとしても英検準1級受かってるβの方はαに上がらないかと学校からお誘いが来るそうです。
αとβですが、成績は1.1倍になるとの「噂」があるそうですが、真実はわからないそうです。実際に、進学・進級の際に成績は関係ありますので、同じスコアであれば、αのほうが有利になるということですが、どうなんでしょう。
αは外国人の教師が教えてくれます。ついていけるかどうかということですが、3年間米国西海岸で過ごしたレベルだと、落第するような心配は全くなかったと思います。かといって、周りには、東海岸や英国の帰国子女の方や5年以上の海外生活の方なども多くおられるので、上位の成績をというのも難しいです。
プレースメントテストでαにいけるということは、そのまましっかり勉強をしていればついていけないということはないと思います。英語に限らず、勉強をしないといけないので大変だと思いますが。。。自分の高校時代を振り返ると二年間は勉強もせずに遊んで、最後の一年だけ受験勉強をしていましたが、今は、三年間ちゃんとやらないといけないですね。

_ まろん ― 2021年01月28日 16:06

お返事ありがとうございます。帰国生でもなく、英語専門塾にも行かずオンライン英会話だけ一年間続けているようなほぼ独学の子なので、ハイレベルな学校についていけるか心配ですが、高校で英語をツールとして使いこなせるようになると素敵ですよね!インターネットの授業も途中からでついていけるのか、とか、体育系の部活に入らないのですが、私自身もすでに顔馴染みのかたばかりの輪の中に入らせて頂いてお母様方とも仲良くして頂けるのかも心配しています。入学前に子供が何かやっておいたことがいい事はありますでしょうか?情報が少ないので、教えて頂き大変感謝してます!

_ ジャイアン ― 2021年01月29日 08:42

全国枠で入学されるということですね。おめでとうございます。
SFCは全国枠や帰国枠のみ高校から受け入れていますが、実際、生徒の多様性を育むという意図だと思います。確かに中学からプロパーで上がってきたところに入るのはという不安はありますが、何処かの派閥があってとかそういうこともないと思いますのであまり心配なさらないでいいと思います。
実際、うちの場合も親同士のというのは、保護者会とかクラブ関係で親御さん同士の交流はありましたが、それ以外に何かということはしておりません。お子さんに限っては、毎年クラス替えがありますし、これは驚きましたが、毎年、修学旅行もありますので、なるようになると思います。いわゆるいじめみたいなものはありません。
事前にということであれば、強いて言えば、まだコロナの影響がありますので、オンライン授業は続くと思います。ZoomなどのWeb会議ツールに慣れておくとか、自宅やもしかしたら下宿で接続をする際のネットワーク環境を整えておくとかはやっておいたほうがあたふたしないかもしれません。
帰国枠は300満点中180点とかで受かると言われていて、英語を満点近く取れば、あとは国数は半分以下で合格するのである意味、なんちゃってで入学していますが、全国枠の場合は、狭き門を突破して入学されているので自信を持っていいと思います。帰国の場合、英語は確かに日本にいるよりも恵まれていましたが、正直なところ、国語は習っていませんし、社会特に日本史、地理も満足に習っていません。数学、理科も日本の中学よりもレベルは高くないですが、普通に授業を聞いて課題をしっかりこなせばついていけました。勉強は大変と言えば大変ですが、附属高校で受験がない分、クラブなど高校生活をエンジョイしてください。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://gian1963.asablo.jp/blog/2018/04/06/8826752/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。