J:COMの設置2018年10月20日 15:54

J:COMが海老名市と災害情報等発信の強化をするというニュースが今春に出ていました。
J:COMの方が工事費無料でCH11で災害情報を見ることができるようにするので、ケーブルを引かせて欲しいという勧誘が来ました。
この家を建てた時には、J:COMの前身のシティテレコムかながわの時に契約をしました。地上波のアンテナがわりにケーブルということにしたのですが、その時に、BSはパススルーにならないということで、アンテナを立てて、地上波はケーブル、BSはアンテナでつないでいました。フレッツがフレッツTVを始めた際に、そこに乗り換えたのですが、その時は、BSもパススルーだったので、BSアンテナ線をはずして使っていました。
結局、今回は、工事費はただだけど、TV、ネット、電話全て加入してくださいということでした。料金は、最初の二年間は、今支払っている金額よりも約2000円/月安くなります。二年後は、その値段が上がって、ほぼ今支払っている月額と同じになります。また契約をすると20000円の商品券をもらえるというメリットがありますが、NTTの解約に9500円と、フレッツとケーブルの支払いが一月ほど重複するので8500円に変わるものということです。
で、BSがパススルーではないというデメリットがありますが、今持っているTVの台数分だけSTBを置いてくれるということでした。まあ、結局、2年間で2万円強のコストセーブがあるというメリットに比べ、各部屋にSTBが必要になるというデメリットが出てきます。
結局、乗り換えることにしたんです。我が家にアメリカで使っていて今は使っていないUSBのHDDがツイン3TBが余っていて、J:COMのSTBに接続するとデュアルで録画ができるというメリットがあります。我が家はNASNEを使っていますが、NASANEは1チューナーで、もう一台買おうかと思っていたので、6TBの容量を活用できるということで決めました。
工事が終わって、結局、BSアンテナがまだ生きていたので、まず各部屋のTVはSTBのお世話にならなくても今まで通りで見ることができました。
ネットのスピードですが、ギガライン とほぼ同じでした。

Nistri Case Sparse Chianti 20162018年10月20日 20:56

通販のまとめ買いのワインで、ネットで調べると900円程度のワインになります。イタリアのキャンティですので、まあ安くてもハズレはないですね。カリフォルニアのワインって安いとちょっと薬っぽい感じがするんですが、キャンティの場合、そんなこともなく軽くて飲みやすいですね。(決して、おいしい!とは言えませんが、毎日飲むワインとしては合格です。)