xplorに行きました!2017年08月11日 17:54

カンクン最後のアクティビティは、xplorというテーマパークです。
ここは、セノーテや鍾乳洞を利用したテーマパークで、ジップラインやセノーテの中の洞窟ウォークや洞窟の手漕ぎ筏などのアトラクションがあるようです。
9時オープンですが、オープン前に到着して、受付をしました。ここでも入場用のリストタグとロッカーキーを渡されました。カンクンはどれだけこういうものを手にまかなければいけないんだみたいに思っちゃいます。
受付をするとその他にICチップ入りのヘルメットを渡されました。これはパーク内で装着をしていないといけません。なぜ、チップが入っているかというと、パーク内の至る所に写真を撮るポイントがあって、自動的撮影されてチップ情報から写真をゲットできることができます。もちろん、有償です。事前にWebからチェックして写真を申し込んでいたので、いいのかなと思っていたのですが、レセプションで見ると写真は3人だと割引があるにしても3人分を申し込まないといけなかったようです。で、結局、3人分にしたいと話したのですが、OKと言いながらお金を取られず、3人分の登録をしてくれました。ラッキーなのか、Web経由だとそれでいいのかは良くわからなかった。
で、荷物をロッカーに預けていざパークへ。パーク内にオウムが二羽止まり木に止まっていました。通路の両側にいるのですが、止まり木に同じように二羽ずつ止まっているので、なんか本物か?と思いましたが、行きていました。しかも、何か結わえつけられているわけでもないのでとってもなれているんですね。
xplorでは、写真は、2種類。ボタンを押すと撮ってくれるものと、自動的に撮ってくれるものがあります。
まあ、自動的に紐付けされるみたいで、枚数制限がないようなので、気にせずにバンバン撮影しました。
まずは、ここの一番売りで待ち時間が長いというジップラインに。総長3.8kmで14本のジップラインがあります。これ、長いコースと短いコースがあるのですが、どちらかのコースを選択して最初のジップラインに乗ると、まあ最後までジップラインを乗り続けないと振り出しに戻れない仕組みになっています。
ジップラインは面白いですね。ここのは効率的に乗るために、最初に固定具を装着して、それをワイヤーに固定して乗る形式です。ですから、自分の順番が回ってくるとワイヤーへのフックはあっという間に終わります。フックしている時に間違って落ちないように、係りの人がまず私たちの固定具にフックをしてそこから準備をします。
いい大人がと思われると思いますが、とっても楽しいです。
単に乗るだけと思っていましたが、正面に向かって進むのは案外難しいです。バランスが悪いと、くるっと回ってしまうので、両手の力の入れ方なんかを注意をしないといけません。
で、ジップライン自体は何本もありますが、周辺の風景は色々変わったりしてきます。
なぜか、途中にはウォータースライダーがあります。これ、数を数えていなかったのですが、14本のうちの1本だったんだろうか。
で、長いコースと短いコースがあるんですが、最後のジップラインは、水に突っ込むものです。目の前にある滝に突っ込んで、そのあとは水の中にじゃばんです。
十分、堪能したあとは、全工程10km!水陸両用ATVジャングルツアーにチャレンジしました。まあ、バギーでオフロードを乗るというものです。まあ、これも水の中に突っ込んだり、洞窟に入ったりと色々志向を凝らしています。
まあ、なんてことはないんですが、やっぱり10kmを運転するわけですから、スリルもありますし、楽しいです。
このパークはオールインクルーシブ。ランチは、レストランで、食べ放題です。まあ、食べ物はそれなりです。残念なのはアトラクションの性格上、ノンアルコールということです。
ランチのあとは、約500mの洞窟ラフトツアーです。
まあ、手漕ぎの筏でケーブ内の水路を移動するというものです。まあ手漕ぎなのでしんどいですね。
最後は全長400mのセノーテ水路下りです。これ、ライフジャケットを来て歩くのですが、足がつかないくらい深いところもあり、結構、しんどかった。水温もそれなりに冷たくて最初はいる時はひやっとします。まあ、去年、セノーテスノーケルした時はウエットで重装備したくらいなので、こんな水着で泳いじゃ寒いに決まっています。水温よりも、足がつかなくて泳がなければいけない方が辛いかな。
パークは17時までですが、もう15時には周り終わりました。迎えの車は、17時だったので、そこで着替えて、お土産物をチェックしてあとは、レストランでうだうだしました。
もうちょっとアトラクションがあってもいいかなとは思いましたが、案外、お金がかかっていない自然をイカしたアクティビティで十分楽しめました。物価の安いメキシコでいい値段を取るわけで、お客さんで賑わっているので、ここの経営者はウハウハだろうなあなんて考えちゃいました。
最後、写真はUSBを渡されるということでしたが、それは数年前のブログの情報で今は、ダウンロードコードをもらってWeb経由でダウンロードします。結構、写真はありましたが、そのうち、1/4程度は関係ない人の写真でした。ヘルメットのチップの精度はいまいちですねえ。

Mr. Pampas2017年08月10日 19:54

ジンベエスノーケルの後は、ホテルのプールでのんびり過ごしました。前回のカンクンに来た時もそうなんですが、アクティビティを目一杯入れていたので、せっかくのリゾートホテルでも、プールなんかに行くことはありませんでした。
今回は、時間があったので初めてのリゾート生活です。
のんびり過ごした後、村上さんがオススメしてくださったダウンタウンのシュラスコのお店に行くことにしました。時間があったので、ダウンタウンのお土産物を売っているMercado 28という市場に行って見ました。タクシーで200ペソ程度です。もう、いろんなおみやげ物屋さんがありますが、ホテルゾーンのところよりも安く売っています。ただ、どこに行っても同じようなものを売っていて、これだけあってみんなやって行けるのかなあなんて思います。
いっぱいお店はありますが、結局、どこも一緒なのでTシャツだけ買って、レストランに行くことにしました。お店は、Mr.Pampasという名前で、Mercado 28からタクシーでそこに行きたいと行ったら、そこはつぶれていて他にいいお店があるとか言われました。もう面倒なので、もういいよと言って、その場を離れて通りに出てタクシーを捕まえることにしました。で、Mr.Pampasと言うと、そんなの知らないと言われちゃいました。あれ、もしかしてつぶれたって言うのは本当か?と思いましたが、Yelpなんかでは営業中って出ているしおかしいなあと思い、Google Mapで見せたら、「ああ、Pampasね」と言われました。村上さんもPampasと言っていたし、正式にはMr.がつくけどPampasじゃないと通じないと言うことがわかりました。無事にお店までついて、いざ、お店に入ろうと思ったのですが、なんかやっていないような感じ。やっぱりつぶれているのかとのぞいていたら中からお店の人が出て来て案内をしてくださいました。
ここは、シュラスコのお店です。Palo Altoにはシュラスコのお店はありますが、$$$でかなりお高いのですが、ここはそんなではないと言うことでした。ところが、あとで調べたらPalo Altoのお店はPampasと言うではないですか。系列のお店なんでしょうか。
ここは、ブッフェで、サラダとかパスタ各種は好きに取ることができます。あとは、シュラスコをお店の人が持って来て、各テーブルで希望をする人にサーブしてくれます。
ドリンクはビールを注文しました。
娘は、ピニャコラーダ。こっちの人って、ベタというか必ず、娘がピニャコラーダを頼むと、「アルコール入りか?」と笑いながら聞きます。
ブッフェってどうなのと思いましたが、シュラスコをバンバン持って来てもらって食べるともうお腹はいっぱいになってしまいます。結局、ビールは一人2杯ずつと娘がピニャコラーダを注文して、10%のチップをつけて、占めて100USD程度。メキシコ価格としては高いと思います。でも、カンクン価格としてはちょっと高めです。Yelpで$$$ですからそんなもんですが、アメリカの$$$って150USDとか200USDになるので、まあ安いかなあと思います。
満腹で満足してホテルに帰ります。タクシーを捕まえようと思いましたがなかなか捕まらない。で、ふと思いついたのがUberです。Uberアプリを立ち上げると車が周辺にありました。で、早速、利用しました。うーん、便利です。しかも、料金は100ペソ弱でタクシーの半分以下でした。

ジンベエザメスノーケリング2017年08月10日 14:36

ジンベエザメスノーケリングは予定通りということで、朝6時半に、宿泊しているホテルの隣にあるダイブ・ソロ・ブセオというダイビングショップに集合で、クイーンエンジェルの村上さんと合流しました。
ここは、昨年の4月に水中美術館にダイビングに来た際に集合した場所です。前回は、ホテルゾーンの真ん中のホテルの泊まったので、タクシーで移動しました。今回は、隣のホテルを予約したので、朝一番の集合ですが、ホテルをちょっと前に出て歩いて移動で楽ちんです。
村上さんから出発前にブリーフィングをしていただきました。まず、スノーケルのボートは一艘ゲストは10名までしか乗れないそうで、ガイド一人につき一度に二名しか入ることが出来ないそうです。我が家は3人なので2回に分けて交代でジンベエを見ることになります。もう一つのパーティのゲストは7名でしたので、向こうは4サイクル。でこちらは2サイクルなので6サイクルで回すことになります。クイーンエンジェルさんは少数精鋭なので、こういうところに差が出てくるのかなと思いました。
また、ジンベエザメは、当然なんですが、サメ肌だそうです。ワサビを下す時にもサメは使われますが、近づいてきて触ると怪我をするそうです。ボートなんかにぶつかると、塗料がはがれるとか。。。まあ、だいたい、こういうブリーフィングを聞いても、そんなにそばでは見ることができないんだろうなあ程度に思って、話半分に聞いていました。
さて、出発です。ペリカン君がお見送りをしてくれました。
ボートは、大きくありません。左側に乗ったほうが水飛沫を浴びないという説明でした。ちょっと意味が分からなかったのですが乗って納得。操縦する側のガラスがなかった。そりゃ海が荒れて水飛沫がくれば、そのまま船の中まで来ます。操縦席は右側にあるので、右側にいれば濡れるのは当たり前です。操縦席の器材とか無線機とか海水まみれで壊れないのかなと若干不安にはなりましたが。。。
さて、船に乗って外洋へ。目の前にあるイスラムへーれすという島を越えるあたりから、船がぴょんぴょんとはねて、荒れた感じになってきました。1時間半弱のところで、キャプテンが「いた!」と叫びました。おおっ、何匹ものひれが見えるじゃないですか。。。それも近くに。モントレーでホエールウォッチングでザトウクジラをみて感動していましたが、距離が圧倒的に違います。近い!ということで、早速、スノーケルをしましょうということで海に入りました。キャプテンによれば、朝一番で、まだ数艘しか来ていないので、我が家は3名同時に入ってもいいとの指示が出ました。ということで、村上さんと共に入水。ジンベエザメは何匹もいるので、慌てずに行こうということでした。そばにいて、離れていくサメを慌てて追っても追いつかないので、とにかくこちらに向かってくるサメを狙おうということになりました。
入水してほどなく、一匹のジンベエザメが目の前に。。。これ、半端なくそばで見ることができます。あまりにも近いので持って入ったカメラの画角の中に入り切りません。
ちょっと感動でふるえちゃいます。
10分ほどでしょうか、堪能して、一度、船に戻ります。そこから、他のパーティのお客さんの番です。何回も入る機会があるので、いろんなぽーすのジンベエザメを見ることができます。個体によってジンベエ模様が違うそうです。村上さんも上手く一緒に写るように写真を撮影してくださいます。
そもそも、彼らは、何をしにここにいるのかというと、カツオの卵がたくさん浮いていて、午前中にそれを食べに集まってくるそうです。なので、卵を取るために大きな口を開けて、泳いできます。サメですが、卵とかプランクトンしか食べないので、危険ではないですが、こんな大きな口を開けて迫ってくると迫力もあって、ちょっとビビります。
さて、魚の卵を食べるのに効率がいい食べ方は、垂直に立って水面に向かって泳ぐのだそうです。これもなかなか見ることが出来ないらしいんですが、幸運にも私たちは見ることが出来ました。というよりも、自分たちが浮かんでいる真下からやってきました。
おおっ、すげえと思って見とれていましたが、どんどん迫ってきます。あれっ、このままだとぶつかるんじゃない?と思ったのですが、その時に、接触すると怪我をするという話を思い出して、慌てて彼が上がってくる進路から横にそれました。いやーブリーフィングは大切です。話を聞いている時には、まあ、そうはいってもそんなそばに近寄ってくることもないし、だいたい、サメが嫌がって離れていくだろうなんて思っていましたが、そんなことはないです。ちゃんと話を聞いておいてよかった。
ところで、ジンベエザメもやはりおなか側に人が回り込むのは嫌がるようです。なので、写真でもなかなかおなかの白い部分は撮れないみたいです。上の写真ではちょっと写っていますが、完全におなかが見える写真は無理なのかな。
ジンベエザメスノーケルは、何回も入水して、楽しみました。途中から船が増えてきて、ルール通り、一度に2名で入るようになりました。結構、これでもかという感じで見ることが出来て、他のゲストは、途中からもういいよという感じで自分の順番をパスし始めました。最終的に我が家が最後に入って終わりでした。最初と最後と言うことで堪能しましたね。それにしても、同船したゲストのうち、3名ほど、船酔いがひどくなっていました。最初、サメを見るまではそんなでもなかったんですが、サメのポイントについて、船で漂っている時が一番きついらしくて、グロッキーになっていました。妻と娘は酔い止めの薬を飲んでいたので、大丈夫でした。
そういえば、帰るころには船だらけでした。だいたい100艘は来るそうですから、1000人のゲストがジンベエザメを見に来ます。ジンベエザメ自体もかなりいて、ヘリコプターなんかで観察すると400匹くらいはいるとか。元来ジンベエザメは単体で行動するので、こんなに多くの個体がいるのは珍しいそうです。単にここがいい餌場だからたくさんいるだけだそうです。でも、見る側としては嬉しいポイントです。
いやー、十分堪能しました。知り合いの方の紹介でクイーンエンジェルさんと出会って、今回二回目のお世話になりました。ジンベエザメスノーケリングは少数精鋭でかつ朝一番で海に出るので、他のツアーよりもより多く、またゆっくり観察することができると思います。他のツアーに参加したわけではないので、なんともいえないのですが、今までダイビング系のサービスを利用した中でもトップクラスの満足度だと思います。
楽しい時間も終わって、帰途に。ここ3日間で天気は一番よく、海の色もきれいでカリビアンブルーの素敵な海を味わうことができます。
村上さん、本当にナイスガイドありがとうございました。その晩には、 クイーンエンジェルさんでもブログをアップしていただきました。
今回、カンクンに来ようと決めたのは、ジンベエザメスノーケリングです。フランクリンの影響で、目的を達成できずに帰ることになるのかとひやひやしましたが、自分たちが想像していた以上のジンベエザメとの出会いを果たせて良かったです。いやー、これで無事、アメリカ卒業できるかな!

Tacos Rigo2017年08月09日 19:57

さて、夕食。
今日は、ダイビングが終わってからの遅めのランチだったので、あまりおなかはすいていませんでした。
もともと村上さんに薦めてもらっていたTacosのお店のTacos Rigoに行くことにしました。
さすがに二日目でカンクンに体も慣れてきて、オープンエアでも夕食を楽しめるようになりました。オープンエアといってもそんなおしゃれな感じでなく、ちょっとみすぼらしいレストランの表にあるスペースに樹脂製のテーブルとイスがおいてあるような感じです。なんとなく、アジアの屋台みたいな雰囲気です。
まずは、ビールですよね。ここは、定番のコロナ。iPhoneのポートレートで撮ったらガラスが消えてライムが浮いて見えます。
食べるのはタコスなどメキシコの定番料理で軽く済ませました。写真は3人で食べたのですが、果たしてこれが軽かったのかどうかは、見ている人の判断にお任せします。
さて、明日は、ジンベエザメを見ることができるんでしょうか?

明日はジンベエザメを見に行けるのか?2017年08月09日 17:16

コスメルダイビングから帰る途中、車の中でMamiさんから、ジンベエザメダイビングに関する情報をもらいました。
まず、今日は、海が荒れていて船が出なかったことと、明日、船が出るかどうかの決定がまだなされていないというお知らせです。
もちろん、まだハリケーンの影響で、海が荒れていることが原因です。仮に催行が決まっても、海は荒れていることです。更に、ジンベエザメスノーケリングの場合、前の日で見たポイントをGPSに入力して、その履歴を見ながら、ジンベエザメがだいたいどこらへんにいるのかを探すそうです。ですので、早ければ港を出てから1時間半弱で見つけることができるそうですが、見つからなければ、2時間でも2時間半でも探し続けるそうです。朝一番出発で、お昼過ぎには終わるツアーですが、最悪は、3, 4時までということもあるわけで、船に弱い人にとってはちょっと苦行です。
しかも、自然が相手ですから、見られないということもあるわけです。オーナーの村上さんから、もしよければ、明日はキャンセルをして明後日に行くということもあると連絡がありました。ですが、クイーンエンジェルさんは定員なので催行はできないので、他を探してもらうしかないとのことです。明後日は、Xplorの予約をしてあるので、日程の変更は、Xplorの日程を変更、手配した車の変更などをやる必要が出てきます。Xplorのオフィスは17時までなので、明日、ぶっつけでXplorに行って交渉となります。まあそれも面倒ですが、クイーンエンジェルさんの売りは、とにかく朝一番で出発して、他の人が集まる前に、スノーケリングを始めるということだったので、無理に日程を変えても楽しめるかなと思いました。結局、船に弱い、妻と娘は、朝食抜き、酔い止めをちゃんと飲んで対応するということで、明日、どうなるかわからないけど、予定通り参加したいという意向を伝えました。
実際、自然相手の場合は、これがあります。今回のカンクン旅行を決めたのは、ジンベエザメと一緒に泳ぐのが目的できています。それなのに、見ることができないなんて。。。でもしょうがないですね。
結局、夜、明日は船が出ることが決まったので予定通り、だいぶショップに6時半集合というメッセージが村上さんから入りました。
楽しみだ〜!