帰国子女の高校受験 part12018年05月05日 08:14

なんどか帰国子女の高校受験に関してコメントを書いていますが、ちょっとまとめてみようと思います。
我が家が調べた志望校を少しまとめます。
まず受験となるとどこに住んでいるのかがポイントになります。自宅がある場合は、住んでいる場所を中心に通学できるか否かを考えなければいけません。もし、決まっていないのであれば、合格する学校によって住む場所を決めればいいと思います。実際に、早稲田本庄に合格したご家族は、帰国後に本庄のそばに引越しをされました。公立でいえば、東京国際高校が非常に人気で帰国生に人気の学校です。ですが、東京都に在住することが条件ですので、神奈川県央在住の我が家にとっては選択肢から外れます。

(1)慶應義塾湘南藤沢中・高等部(SFC)
娘が通っている学校です。自宅から通える(帰国子女枠で受け入れてくれる)一番近い学校です。SFCは中学からの受け入れが基本ですが、高校からの編入は、帰国枠と全国枠が設けられています。帰国枠は一定の基準を満たした帰国子女が、また全国枠は、中学受験事に通学圏内に居住していない生徒さんが受験をすることができます。SFC周辺には民間の学生寮が多くあり、全国枠で合格されたお子さんはそこに下宿をして通えるということです。結局、高校生からであれば、親元を離れても大丈夫ということなんだと思います。
中高一貫校ですが、ダイバーシティを重んじるということで、帰国子女や全国からのお子さんを受け入れているようです。帰国子女については、当然、中学からも受け入れていて、だいたい全体の1/4が帰国子女ということです。高校入学してからは、英語はα、βというクラスがあります。入学前の説明会の時にプレースメントテストがあって英語の実力を測りクラス分けされるそうです。英語は週6コマで、αの場合、全てNativeの先生だそうです。
SFCはいわゆる偏差値は75ということで、非常にレベルが高い学校です。帰国子女で入学する場合は、英語がかなり難関で、実際に受験した三教科の偏差値が75にはるか及ばなくても帰国生の場合は、合格できます。逆に、入学後に、内部生と全国枠の超難関を突破したお子さんと一緒でついていけるのかという不安があります。学校が始まって1ヶ月ですが、今の所、そういう格差?が顕在化はしていないようです。
実際、受験した数学の試験を内部生が問いたら、非常に低い点数だったとのことで、やはり受験の問題と、学校で教えていることの乖離というのはかなりあるんだなあと思いました。

(2)青山学院大学高等部
英語の授業にちからを入れている高校ということで、帰国生にも人気があります。実際に、学校説明会で訪問をしましたが、渋谷から徒歩圏内にあり建物も新しくとってもおしゃれな学校です。
自分は、この学校の近所にある都立広尾高校に通っていましたが、まあ、設備の格差を強く感じました。
帰国生の場合、入試は、適性検査・面接、書類審査ということです。適性検査は、三教科合わせて60分だそうです。一般入試よりも難しくないと説明会でおっしゃられています。また、面接は英語で聞くというような説明をされていました。当然、英語圏の学生さんでなければ、違う言語なんだと思います。面接の時には、だいたい同じ境遇の人を合わせるようなことも言っていたと思います。
かつては、帰国生は受ければ必ず受かる、滑り止め的な学校だったようですが、人気が高くなり、入学はそう簡単ではないようです。実際に、知っている方は合格できなかったということでした。ICUと併願の場合、必ずどちらかは落ちるという都市伝説もあったりします。
学校説明会では、やはり実際に合格させる人数と、入学される方の人数の乖離が大きく、他の学校、特にICUなんかには行かないでうちに来てくださいねというような説明があったりして、なんとなく受かりやすい学校なのかなと思いましたが、現実はそんなに甘くはないということです。
青学はご存知の通り、ミッション系の学校で週一に聖書を勉強する時間があるそうです。ここは好き嫌いがでそうですね。また、クリスマスシーズンには大きなツリーの点灯式があるなどなかなかワクワクするようなイベントもあるようで、米国の現地校みたいな雰囲気なのかなと思いました。
渋谷の真ん中にありますし、いい意味でも悪い意味でも、エキサイティングな学校だと思います。

帰国子女の受験はどうなんだろう2018年05月03日 11:09

帰国子女の受験について質問がありました。
我が家の場合は、小6の一学期が終わった時点で、米国に渡り、3年間を過ごし、7−9年生を修了し、中3の二学期から近所の公立の中学に通い、高校受験に備えました。
会社の人事で駐在をした訳で、当然のことながら家族の事情は考慮されていません。ですが、子供にとっては、タイミングはベストだったと思います。
ただし、帰国子女での受験ですが、高校入試は、中学入試や大学入試よりも大変だと聞いています。というのも、最近は、中高一貫校がほとんどで、途中での受け入れをしてくれる学校が少ないということです。早慶のように、ダイバーシティを重要視してくださるところは、中高一貫校といっても高校からの受け入れがありますが、そうでないと高校から入学を認めてくれないところが多いです。中高一貫校によっては、5年間で中学・高校のカリキュラムを終わらせて高校3年の時には次のステップに進むために使っている学校が多いので、そんな中、いきなり高校から入っていてもただでさえ、社会や理科が不利なのについていくのはハードということなんだと思います。
国際基督教大学高校や早稲田本庄学院は、中等部がないので、そこが第一志望であれば、いいのです。ですが、我が家の場合、どちらも通学に二時間超かかるので、寮という選択肢になります。実際、両校とも魅力的な学校で、娘自身も、寮生活をすることも新たなる挑戦として志望校になっていました。
それから米国の場合、学期の始まりがずれているのと、学年の切り替わりが違うので、戻って来て受験をするときにはいくつかのコンフリクトが発生します。まず、学年の切り替えは、12月生まれで切り替わります。日本の場合は、4月2日生まれから4月1日生まれが人学年です。なので、例えば、同じ小6の生徒で、7月生まれと12月生まれの場合、アメリカに8月に渡ると片方は7年生、片方は6年生に編入されます。娘の場合、小6一学期修了→7年生(ミドル2年生)→8年生(ミドル3年生)→9年生(ハイスクール1年生)→10年生1ヶ月通学→中3二学期から→中学卒業というパターンです。このパターンだと、9年生=中学3年生修了しています。学校によっては、帰国後に公立の中学に通わずに自宅で受験勉強に専念していても構いません。ただし、早稲田本庄は3月まで学校に通っている証明が必要だということで公立に通わせました。これも後日談ですが、通わせなくてもなんとかなるということでした。。。というのも、結局、高校に入るまで米国にいて、受験をするとなると、学校を休んで受験をしなければいけないんですが、そうなると成績がぼろぼろになります。実際に、通わせていた親御さんによればこんな成績になるんだったら通わせなければよかったという話があります。
これが下の学年にアサインされると、自分の娘が受けたところは、ほとんど、考慮されて、問題なく受験を受ける資格がありました。ただ、学校によっては、中学校を卒業してねみたいな感じのところもあるようなので、確認が必要だと思います。
神奈川県の場合、公立の選択肢が少ないというのも問題です。神奈川県の場合、内申を重視するので、途中から日本に戻ってくると内申がつかないという状況に陥ります。そのため、通常の公立高校は受け入れてくれません。横浜国際高校や神奈川総合高校など一部の帰国子女を受け入れてくれる高校のみ受験が可能です。これはとっても不条理だなと思いました。娘の場合、神奈川で生まれ育って3年間アメリカにいただけで、通常の公立高校に行けないなんてと思ってしまいます。
実際に、海外駐在が決まった時に、お子さんが受験をする時期に帰国されるようであれば、準備が必要だと思います。小学生であれば、まあ、受験も考えなくてもいいと思います。もちろん、中学受験をさせるかということはあります。中学受験をしてそのまま大学付属に入れれば、有意義な学校生活を送れるんじゃないかと思います。ただ、高校受験のタイミングだとちゃんと準備が必要です。
駐在で来られていて、娘と学年が前後しているお子さん数名は、実際に、駐在の前に、私学に入学させて、休学をして米国に渡り、帰国後に、その学校に復学するという方もおられました。復学には試験があるようですが。。。アメリカに駐在して思ったのは、駐在をしようとしている方は意識が高いということです。自分なんか、行くつもりもなく、突然、行けと言われて、よくわからないまま行ってしまい、家族も行く?と聞いて二つ返事で行くというから連れて行ったという無計画な感じでしたが、結果的には、これが1年前後していれば、今のように、娘がいい学校に通えるということはなかったわけです。
まさに結果オーライ。我が家はついていました。

帰国生に人気のICUと青学2018年05月02日 08:08

帰国生が高校受験をする際に人気があるのはICUと青学です。ICUは、2/3が帰国生で、国内から進学する方は、入学後に「純ジャパ」と呼ばれるほどで、帰国生にとっては快適だそうです。
双方とも当然のことながら英語には力を入れているのも人気の一つのようです。かつては、帰国生は願書を出せば合格するような感じだったようですが、今はそう簡単に入学はできません。現地校の成績もよく、受験三教科の偏差値がレベル以上でも落ちたりするそうです。
塾の先生曰く、両校の基準はよくわからない、連携しているんじゃないかと思えるくらい片方の受かるともう一方は落ちるみたいなことが起きているということでした。
ただ、ICUの書類専攻の場合、面接の次の日に合格発表があって青学はその次の日に試験日なので、ICUに行きたい場合は、青学の受験をスキップするというのが通常の感覚なので、その塾の先生の見立てはどうなのかなと思っていました。
青学の説明会でも先生は、うちに来てくださいね。ICUとかに行かないでくださいねみたいなことを言っておられました。
娘の同級生で、成績も良くてレベルも高い子は、ICU第一志望で合格後に、青学も受けたそうですが、噂?通り青学には受からなかったということでした。
青学の印象は、帰国子女である程度、英語の実力があれば、受かる感じだったんですので、娘の友人の現地での成績や三教科の実量からすると青学はクリアするはずだよねって話をしていました。
まあ、受験は水物ですし、サンプルは一つなんですが、塾の先生の話と併せると噂は本当だったのかな?と思ってしまいます。

古語辞典2018年04月15日 11:38

娘が高校で古語辞典を買わなければいけないというので、前日、夕食がてらららぽーとでいろいろみたのですが、何を買ったらいいのかが決められない。そもそも全訳とそうでないのの違いがよくわからないなんていうので、再度出直しました。
結局、一番売れているという旺文社の全訳古語辞典を購入しました。これ、アメリカに駐在する前に購入した娘の電子辞書の中にはいっているんですよね。しかも購入したのと電子辞書版双方とも第四版ということで内容は一緒なんです。
学校では電子辞書はNGということなので、購入するしかないのですが、まあ、結局、購入した辞書は学校のロッカーにおいて、自宅では電子辞書でいいじゃんという話になりました。ちなみに自分が持っている電子辞書は、全訳に加えて、通常の旺文社の古語辞典もバンドルされていました。使わないけど。。。
結局、全訳は現代文で訳がついていて22500語、そうでないのは45000語ということで、収録単語数が違うそうです。まあ、高校生であれば、全訳付きでいいんでしょう。

娘の入学式〜SFC2018年04月06日 15:03

娘の高校の入学式。会社で午後半休をとって参加しました。午後は社長が来てデモだったんですが、ぶっちしちゃいました。
入学式の最中に社長秘書から電話があってびびりましたが、別な人に電話してもでなかったので電話したということでことなきを得ました。
入学式は、中学との合同です。学校の入り口で、入学式式場の看板が3つありました。みなさん、記念撮影をするので、長蛇の列ができるから3つ用意しているようです。奥のがすいていましたのでそこで撮りましたが、なんか、バックは他のところのほうが良かったのかなと思います。
入学式は滞りなく終了しました。そのあと、学生は記念撮影で親は休憩でした。最後は、新入生歓迎イベントでしたが、何をやるのかと思えば、校歌と応援歌(若き血)の練習でした。若き血は、学生は肩を組んで歌いましょうみたいな感じで盛り上がって終了でしたが、4年生(高一)は、しっかり肩を組んで盛り上がっていた一方で、1年生はそんな感じでもなかったです。